読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Railsのcreated_at,updated_atを無効にする

Rails

created_atは作成日時updated_atは更新日時のタイムスタンプを自動的に作成する
便利なものなのだがupdated_atの値を変更するときに厄介になったので無効にする方法

ActiveRecordに自動更新の設定はあるのでそれを無効にしてしまう

base.record_timestamps = true

record_timestampsでの条件判定をしているのでこれをfalseにすると実行されない

def create_with_timestamps #:nodoc:
  if record_timestamps
    t = self.class.default_timezone == :utc ? Time.now.utc : Time.now
    write_attribute('created_at', t) if respond_to?(:created_at) && created_at.nil?
    write_attribute('created_on', t) if respond_to?(:created_on) && created_on.nil?
    
    write_attribute('updated_at', t) if respond_to?(:updated_at)
    write_attribute('updated_on', t) if respond_to?(:updated_on)
  end
  create_without_timestamps
end

def update_with_timestamps #:nodoc:
  if record_timestamps
    t = self.class.default_timezone == :utc ? Time.now.utc : Time.now
    write_attribute('updated_at', t) if respond_to?(:updated_at)
    write_attribute('updated_on', t) if respond_to?(:updated_on)
  end
  update_without_timestamps
end

ActiveRecordのtimestampsを編集するのはなんとも言い難いのでaction内に定義

ActiveRecord::Base.record_timestamps = false

特定のモデルのみに適応する場合は適応するモデル名に設定

ModelName.record_timestamps = false

特定の処理のみの場合falseにした後trueに戻しておかないと影響がでるやもしれない

ActiveRecord::Base.record_timestamps = true
ModelName.record_timestamps = true