読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apache 2.2.11をソースコードからインストール

Linux CentOS Apache

CUIのみで環境構築ということで不慣れながらRails環境を構築する

wget http://httpd.apache.org/download.cgi
tar -xzvf httpd-2.2.11.tar.gz
cd httpd-2.2.11
./configure --with-apr=/usr/local/apr --enable-module=all --enable-so --enable-dav --enable-cache --enable-disk-cache --enable-mem-cache --enable-mods-shared=all --enable-proxy --enable-proxy-balancer --enable-ssl
make
make install

コマンドだけみるとこんな感じ各コマンドについてでも

wget

Webサーバーからファイルをダウンロード

tar

tarアーカイブの圧縮・解凍

オプション 効果
x アーカイブの抽出
z gzipで圧縮・解凍を行う(*.tar.gz)
v 圧縮・解凍時に処理したファイルの一覧を表示
f 処理するファイルを指定(初期値は/dev/rmt0)

※fのみファイル名の前につける必要があるが他の順番は任意

./configure

configureスクリプトでmakeファイルを生成
オプションについては割愛後でなんとか理解する全然すんなりいってない

make,make install

いわゆるコンパイル。コンパイルしたらインストール