読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DUNAMIS15に出てくるdtmlをまとめてみた

Game Xbox360

デュナミス15の第五章で登場するdtmlが使われている文章をまとめてみた(ネタバレあり)
※この文章はゲーム本編の文章を、抜粋して記載しております。

DUNAMIS15 (通常版)

DUNAMIS15 (通常版)

書かれたソースどおり実行され(東吾と世津が第五章であったときに出る文)

第五章冒頭

<?version="5.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE dtml PUBLIC "-/DTD DTML 1.5 Transitional/JP">
<dtml lang="ja">
<head><title>dunamis_15</title>
<link rel="auto" type="application/auto+dml" title="loop" href="roop.dtml" /></head>
<body><content>
<repeat><p>繰り返し。繰り返し、くりかえし。
ヘッドフォンから聞こえてくるのは、<bgsound src="waltz" />いつもの歌。
小さく切り取られた窓から見えるのは<img src="island_dunamis"/>レプリカの島。
<command><li>クローンたちを観察し、その振る舞いを報告すること</li>
<li>命令についてクローンには多言しないこと</li>
<li>クローンとの交流は極力避けること</li>
<li>その他、フォルム担当者の命令に従うこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li></command>
繰り返し。繰り返し、くりかえし</p>
</.....repeat?>

ヘリポート〜フォルム

<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>いつもと一緒、いつだって一緒</li>

<command><li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
</command>

セレス学園

<img src="Tohgo_Takatsuki" alt="高槻東吾" />
<rule>わたしはこの時間にフォルムから戻ってくる。するとあのひとがやってくる。わたしたりはひと言も言葉を交わすことなくすれ違う</rule>
<body><content><repeat><p>生まれては死んで、死んでは生まれる</p></repeat>

409 error_Conflict.

409 error_Conflict.

503 error_Service_Unavaliable.

503 error_Service_Unavaliable.

<theorem>ひとはみんな、平等じゃない</theorem>

加藤瑞希宅

<command><li>加藤瑞希の部屋に行き、生活の支持を仰ぐこと</li>
<li>けれども、報告は妹尾梓を優先すること</li>
<li>加藤瑞希も見張ること</li></command>

<li>欲</li>
<li>嫉妬</li>
<li>絶望</li>

<command><li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li></command>

<li>優越</li>
<li>劣等</li>

フォルムでの検査

<li>入島後は担当医の指示に従い、健康状態の検閲に応じること</li>
<li>入念な滅菌、消毒の他、感染症の有無についての検査に協力すること</li>
<li>先天性疾患についても各自把握し、健康維持に努めること</li>

セレス学園登校

<command><li>シープの群れに潜み、その動向を逐次報告するように</li></comand>
<li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li>

教室

<command><li>クローンたちを観察し、その振る舞いを報告すること</li>
<li>命令についてクローンには多言しないこと</li>
<li>クローンとの交流は極力避けること</li>
<li>その他、フォルム担当者の命令に従うこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li></command>

女子寮前

<command><li>クローンたちを観察し、その振る舞いを報告すること</li>
<li>命令についてクローンには多言しないこと</li>
<li>クローンとの交流は極力避けること</li>
<li>その他、フォルム担当者の命令に従うこと</li>
<li>……逆らわないこと</li></command>

自室就寝前

<command><li>クローンたちを観察し、その振る舞いを報告すること</li>
<li>命令についてクローンには多言しないこと</li>
<li>クローンとの交流は極力避けること</li>
<li>その他、フォルム担当者の命令に従うこと</li>
<li>……逆らわないこと</li></command>

自室起床後

<img src="morning" loop="infinite" />

教室

ヘッドフォンから聞こえてくるのは、<bgsound src="waltz" volume="-100" />いつもの歌

ざわめきの音色は<bgsound src="pleasant_voice" volume="0" balance="1000" />明るい。笑い声。

でも、気配が<balance="-1000">ひりひりしてる。

視線が不自然に<hidden="true" />わたしの手前ですり抜けていく。

<object data="watashi" type="human">
まるで、そこにはなにもないと、念じるみたいに
<object data="0" type="air" width="0" height="0"></object></object>

<embed src="no_reaction" type="confusion">
……これ以上、なんて言えばいいの

周りの空気が、ふいと、<bgair src="doubt" loop="infinite" balance="0" volume="0">痛くなった。

<input type="voice" name="陸 七生" onclick="InputControl(this)">
<input type="顔を上げる" onclick="look_up.disabled = false;">

<input type="voice" name="陸 七生" onclick="InputContol(heart)">
<input value="思わず立ち上がる" onclick="stand up.disabled = false;">

鼓膜を叩く<bgsound src="noise" volume="0" />音の微粒子。

ヘッドフォンから聞こえてくるのは、<bgsound src="waltz" volume="-100" />いつもの歌。
かき消えた<bgsound src="noise" volume="-10000" />微粒子。

<command><li>シープの群れに潜み、その動向を逐次報告するように</li></command>
<li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li>

フォルム

わたしはいつだって、誰かの言う通りにしていただけ。
<command><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li></command>

ただ、そればっかり。

セレス学園

抜けるような<background-image:(A blue sky);">空の下、あのひとたちの黒い姿は不自然で。
<empty>静かな教室。</empty>
<bgsound src="silent" loop="infinite" balance="0" volume="0" />いつもどおりに窓辺の席に腰掛けて、外を見る。

<Infection>不安は、簡単に伝染する</Infection>そして<amplification>かさを増していく。</amplification>

ヘッドフォンに触れて、ボリュームを<bgsound src="waltz" volume="-100" />上げる。
いつもの歌で<bgsound src="pleasant_voice" volume="-10000" />体が満ちる。少しだけ、安心する。

<object data="watashi" type="human">
わたしはここに、いなくていい。できるだけ消えていればいい。
<object data="0" type="air" width="0" height="0"></object></object>
……でも、じゃあ、わたしはなんのためにここにいるんだろう。
見張らなくていい、それなら学園に来なくたってよかったのかもしれない。

なのに、わたしはまだ<command><li>シープの群れに潜み、その動向を逐次報告するように</li></command>自分では何も考えられなくて、他にはどうしようも------

海岸

ヘッドフォンから流れる<bgsound src="waltz" />

どこへ行っても、<command><li>逆らわないこと</li>
<li>逆らわないこと</li></command>

ここは<bgsound src="waltz" />歌も、
<bgsound src="wave" />波も、
<embed src="ocean" />海も、全部いつもどおり。
なのに------<refrain>
「笑えば案外かわいいぞ」</refrain>

<bgsound src="waltz" volume="-10000" />遠のいて、
他には<bgsound src="Tohgo_voice" volume="0" />なんにも、聞こえなくなる。

<bgsound src="waltz" volume="-1000" />歌のボリュームをほんの少し、下げる。
引いた音の代わりに打ち寄せてくる<bgsound src="wave" />波の砕ける音と------小さな気配。

自室

<command><li>逆らわないこと</li></command>

セレス学園

耳は聞こえるのに<command><li>逆らわないこと</li></command>ひとつしか聞かずに。

<variety_moved src="classmate" />

<li>みずみずしい健康的な肌</li>
<li>しなやかな筋肉</li>
<li>整った形の胸</li>

<li>憐憫</li>
<li>哀惜</li>
<li>遺憾</li>
<li>憂思</li>

<command><li>逆らわないこと</li></command>

回想

おんぼろのラジオで歌を<bgsound src="waltz" />聴きながら、併せて歌うのが好きだった。
海は大きくて<embed src="ocean" />打ち寄せる波の音も<bgsound src="wave" />心地よくて。

宮藤宅

<content_name src="高槻東吾">
<element><li>逞しく大きな上背</li>
<li>太い骨</li><li>力強い筋肉</li>
<li>血色の良い肌</li></element></content>
だから------
<result>特別</result>

二人で海

これ、<bgsound src="waltz" />歌?

このひとは、<content_name src="高槻東吾">
<element><li>逞しく大きな上背</li>
<li>太い骨</li><li>力強い筋肉</li>
<li>血色の良い肌</li></element></content>
<result>特別</result>まぶしくて。

耳許からはいつものを<bgsound src="waltz" />歌が聞こえて、<bgsound src="wave" />波の音がしてる。いつもと一緒。

自室

<li>溶けていく</li>
<li>しみていく</li>
<li>おいしい</li>
<li>うれしい</li>

フォルム

<li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li><li>逆らわないこと</li>

<bgsound src="waltz" />歌、そして微かな<bgsound src="wave" />波、<bgsound src="wind" />風、
でも<condition="no_solitude" />ここにいるのはわたしと、歌と、波と、風だけじゃない。