読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Call of Duty: Black Ops: Declassified ファーストインプレッション

Review PSVita Game


キャンペーンのオペレーションをレギュラーで全部クリアしたので雑感等。

操作性

やっぱりかというかそれしか対応策が無いんだろうけどリーサルウェポンと近距離武器がタッチパネル操作だった。
RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-の時ほど打ち合いの時に使うことはなかったのだがやっぱりタッチパネルを使わされると指がボタンから離れてしまう事になるので結構使い辛いなあ。
ちなみにRESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-と同じ開発会社とのことでどう進化してくるか楽しみにしていたんだが、結果はあんま変わらず。

スナイパーライフルのサイトのブレを止める操作は背面タッチパネルをタップホールドなんだが、これしながら右スティックでサイト動かすのも結構難しいねえ。

そもそもVitaの左右スティックで繊細な操作を要求されると個人的にはストレスフルなのでこういった類いのゲームは相性悪いんじゃないかと思う。

オペレーションモード

MWシリーズのスペシャルオプスのような感じでミッション単位で分かれており、☆が最大3つまで獲得できる。
獲得できる☆は難易度で決まっておりレギュラー、ハード、ベテランの3段階用意されている。
今回はレギュラーでクリアしたのだけど結構難しく感じた。
一番難しいと感じた要因は何かと考えたがやっぱりチェックポイントの少なさである。
(そもそもまだチェックポイントを確認していないのでもしかしたらチェックポイントは存在しないのかもしれない)

やられてしまうとミッションの最初からのスタートになってしまうのでワンミスで最初からである。

あと退路を断たれてしまう場面が結構ある。
敵の第一陣までは出現しているのだが、第二陣以降はある程度進まないと出現しないといった場面がいくつかある。
その時、戻るルートの扉が閉まって戻れなくなる。その為くぐり抜けるしか選択肢がない。
一旦戻ってみたいなことができないのでもう頑張るしか無いしリロードもうまくやるしか無い。

補足するとFPSの実力は人並み以下のプレイヤーによる感想であるので上手い人ならあれなのかも。

シナリオ

シナリオ的には1970年代の話でフランク・ウッズ、アレックス・メイソンが主な操作キャラ。
そして参謀にジェイソン・ハドソンがいてメネンデスが最後にでてきた。

CoD:BO2は字幕版を購入していたのでリッキー声のウッズが聞けてよかったわ。

まとめ

スペシャルオプスが好きな人には良いと思うのだが個人的にはやっぱりVitaでこれをやるのはきっついなあ。
以降は、マルチプレイやオペレーションの高難易度を触ってみようと思う。

何度も思っているのだが、このタイトルがホリデーシーズンのキラータイトルみたいな発表の仕方をしていたのでVitaの現状は相当あれなんだろうなあ。元からあれなんだろうけどさあ。