読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

零崎軋識の人間ノック読了

Book Review

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)

んーじゃま、かるーく零崎を始めるちや

人間シリーズ二巻は、零崎軋識。シームレスバイアスがメイン。


軋識は終始なんというか危なっかしいというか零崎一族の中でもなんか違う。
双識は最後にはちゃんと決めるところ決めるし、人識はもうぶっ飛んでるので論外だけど。


人間ノックは人識と出夢。なにより子荻ちゃんと玉藻ちゃん(闇突)だなあ。
戯言シリーズだと子荻ちゃんと玉藻ちゃんイラスト見なかった気がするけど
驚くほどかわいいなあ。JCやべえJC

「あたし……魔法少女、西条玉藻ちゃん、です……」

結構タブーと思われてるようなこと普通にやってるのおもしろい。
例えば他の作品についての話盛り込んだり(別に伏字とか使わないし)するあたり。
人間ノックで言うとドラゴンボールの天下一武道会についての子荻ちゃんの考察。あとはプリキュアとかね。

竹取山決戦については子荻ちゃんだねえやっぱ。
あんまり存在感ないけどイリアがでてて、クビキリサイクルの舞台の島に至る経緯みたいな話ある。
あとはジグザグかなあ。


あとは軋識さんのもう一つの顔の方。こっちはそんなことより若かりし哀川さんかな。
あと闇口と萌太君。デスサイズもった萌太君かっけー。
哀川さんポニテだったんやなあ。わけえわけえ。


しばらく子荻ちゃんとの戦いが続くようでかわいいJCみれそうで楽しみです。