読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刀語 第一話 絶刀・鉋読了

Book Review

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)

「鑢七花。わたしに惚れていいぞ」

新本格魔法少女りすかの刊行分読了したので次の維新作品は刀語
刀語西尾維新12ヶ月連続刊行企画の全12巻。
四季崎の刀12本を1巻1つずつ集めていく感じ

  • 絶刀・鉋
  • 斬刀・鈍
  • 千刀・鎩
  • 薄刀・針
  • 賊刀・鎧
  • 双刀・鎚
  • 悪刀・鐚
  • 微刀・釵
  • 王刀・鋸
  • 誠刀・釵
  • 毒刀・鍍
  • 炎刀・銃

とがめはなんていうか狙いすぎてというか狙いすぎて滑って、その滑っているような様子がおもしろいというような感じ。
七実絶対なんかあるね。虚刀流の後継者ではないにしろ何かしらありそう。


おもしろかったところはこのへん。

小屋を狙った最初の手裏剣砲に、一番素早く対応したのが七実だったことに、今更とがめは思い至る。

物心つく前から不承島で暮らし、人聞を父親と姉しか知らずに生きてきた鑢七花に――そもそもの前提問題として、とがめと真庭蝙蝠の、明確な区別がつくものだろうか。

虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ