読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーバスフィッシング22 in 中川/荒川

Fishing

中川の船堀橋に様子を見に行こうと思い出撃。上げ潮でもヨレがでてると書いてあったので満潮よりちょいと早め。
f:id:arcright:20130212000129p:plain
船堀橋は結構家から近いので良い感じ。到着すると工事中で橋際入れなかった。3月初旬までらしい。
かと言って帰るわけにもいかないのでそこから少し下流にある都営新宿線の橋桁のあたりで少しやることに。

船堀橋と違って光源が無いためよくわからなかったがとりあえず岸際からはじめる。
いなさそうに感じたので橋桁の方に投げる。船堀橋程橋桁が近くないので結構思い切り投げる。
上流側の流れが変わってるところ辺り投げて、その手前に投げて。


しばらく投げてると体が冷えて超絶寒くなったので少し移動しようと思い荒川ロックゲートへと向かう。

f:id:arcright:20130211061005j:plain
荒川ロックゲートに到着した頃は朝日が登ってきたあたりだったが、なんか岸近くでたくさんの小舟が徘徊している。
なんかの漁をやっているのだろうか。これでは投げる気にはなれない。
あと荒川ロックゲートは土砂撤去工事中で護岸は柵に覆われていて立入禁止だった。
キャストは、柵の横からやれば問題ないレベルだと思う。

f:id:arcright:20130211073227j:plain
しょうがないので葛西橋に移動。常に人がいるこのポイントでもこの時期は空いていた。
葛西橋に到着したあたりでちょうど満潮
f:id:arcright:20130212000131p:plain
とりあえずシャローから初めて橋桁の周り。その後、シンキングペンシルを取り出していろいろなレンジをやったつもり。

道糸のPEラインに糸玉が発生しやむを得ずラインを切る事に。この糞寒い中ラインシステム作りするかどうか迷ったががんばった。
f:id:arcright:20130211065315j:plain

その後も何も無く釣行終了。帰り際に清州大橋の方を見に行ったら大橋より少し下流にアングラーが等間隔でいた。あのへんが実績あるのだろうか。