読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asset Catalogを使った画像管理

Xcode

iOS向けアプリだとOSバージョンやデバイス毎に要求される画像サイズが異なる。
Xcode5からそれを管理する仕組みが用意されていてそれがAsset Catalog。

f:id:arcright:20140706144427p:plain
デフォルトでも作成されるみたいでこれだとImage.xcassetsというディレクトリがそれにあたる。
f:id:arcright:20140706145141p:plain
初期状態だとアプリアイコンとスプラッシュイメージのImageSetが作成されている。
例えばアプリアイコンを選択してみる。アトリビュートインスペクタで対応デバイスを設定することができて設定に応じた画像設定欄が表示される。
画像ファイルをドラッグアンドドロップするとAsset Catalog管理下における。

画像ファイルを追加した時なにが起きるかというとディレクトリ内(ImageSetはディレクトリである)にあるContents.jsonにファイルネームが追記され、画像ファイルは同ディレクトリに配置される。
jsonファイルの中身を見ていれば何をしているかなんとなくわかると思う。
つまり大量の画像がある場合等はFinder等で画像をぶち込んでjsonファイルをどうにかして編集すれば一気にいける感じなんかな。