GitHub PagesでCustom Domain(独自ドメイン)を使用している人はDNS設定確認を

GitHub Pages Teamより下記メールが届いていました。

Action required to ensure your GitHub Pages site remains available after December 1st, 2014

意訳

簡単に内容を意訳すると、現在のDNSレコード設定では2014年12月1日以降独自ドメインGitHub Pagesに適応されなくなる可能性がある。
2014年12月1日以降も確実に使用できるように指示通り設定をしてください。

設定方法が変わる理由

GitHub Pagesの古いインフラを使わなくなるため。

設定を切り替える猶予期間
  1. 11月10日の週以降、古い設定サイトをプッシュするとビルドエラーになる。DNS設定変更を促すメールが届く。DNS設定変更が済むまで更新は適応されない
  2. 11月17日の週以降、節電するよ。節電期間中は古い設定サイトは表示されず警告メッセージが表示される。節電期間が終わればサイトが表示される
    • brownoutは節電でいいのかなあ?
  3. 12月1日以降、古い設定サイトはGitHub Pagesによって提供されなくなる

対応したこと

新しい設定方法は下記ページに記載されています。
Setting up a custom domain with GitHub Pages
なお、自分はapex domain(ホスト名の無いドメイン)を使用していますのでこちら。
Tips for configuring an A record with your DNS provider

そもそも古い設定とは

GitHub Pagesに独自ドメインを使用する - chulip.org
上記記事でGitHubへのリンクを貼っていますが既に新しい設定方法のページにリダイレクトされています。

  1. Aレコード 204.232.175.78を作成する

やっていたことはこれだけです。

新しい設定

Aレコードで定義するIPアドレスが変更になったのと、数が2つになりました。

example.com. 73 IN A 192.30.252.153
example.com. 73 IN A 192.30.252.154

この2つのIPでAレコードを作成すれば完了です。

サブドメインで利用している方はこちらを参考にしてください。
Tips for configuring a CNAME record with your DNS provider