読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nginx+PHP-FPMを使ってphpinfo()を表示するまで

Nginx PHP

バージョン情報

PHP

インストール
# yum -y install php php-fpm
php-fpmの設定

/etc/php-fpm.d/www.conf

; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
group = nginx

userとgroupをnginxに変更しておく。初期値はapache

php-fpmデーモン起動,自動起動
# systemctl start php-fpm
# systemctl enable php-fpm

Nginx

インストール

標準リポジトリにはNginxは存在しない。公式でCentOS用のリポジトリが用意されてるので公式のドキュメントに従いリポジトリの追加を行う。

リポジトリ追加後

# yum -y install nginx
設定

/etc/nginx/conf.d/default.confを元に設定ファイルを作る

# cd /etc/nginx/conf.d/
# cp default.conf hoge.conf

/etc/nginx/conf.d/hoge.conf

server {
    listen       80;
    server_name  hogehogehoge;

    root   /var/www/html;
    index  index.php index.html index.htm;

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    location ~ \.php$ {
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }
}

とりあえず必要な部分だけ残した。PHPの設定はコメントアウトしてfastcgi_paramを少し修正してあげる必要がある。

    #    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /scripts$fastcgi_script_name;

default.confではこのように書いてあるけどscriptsはディレクトリを指しているがドキュメントルート配下のphpを動かしたいので$document_rootに変更した。

起動,自動起動
# systemctl start nginx
# systemctl enable nginx
phpinfo()

/etc/www/html/index.phpを作ってあげて該当server_nameにアクセスすると表示されるはず。

<?php
    phpinfo();
?>