読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取県PR地域紹介型ADV「WAS~レピドプテラの砂時計~Rchronicle」体験版 プレイ感想

Game Review

f:id:arcright:20140929230138j:plain
SPACETIME・RESERARCH・LABORATORY(時空調査研究所)通称「S.R.L」の1作目。
http://was.srl-net.jp/
なお既に続編の制作も決定しているのでそちらも期待したい。
https://www.makuake.com/project/repidoputera/
本作のコンセプトである「鳥取を盛り上げたい」という思いに感銘を受けたので製品版を購入することも視野にいれまず体験版をプレイ。

残念ながら体験版ではキャラクターの音声が含まれていない。
あまり同人業界に詳しくないので正しいかどうかはわからないが、佐藤利奈(サトリナ)、大原さやか村川梨衣(りえしょん)など名前の知れたキャスト陣を起用しているのは珍しい。とても製品版に期待がもてる。

体験版では基本的にスラム街での話がメインになるので、まだ鳥取と関連する部分を見いだせていないが鳥取について知識がなにもない状態でもイメージできるほどの物が製品版にはあるのだろうか?

伏線が幾つかばら撒かれたが何一つ回収されずに終わったので後は製品版でということだろう。

登場人物の個性ははっきりしている。
f:id:arcright:20150427215847p:plain
今のところ好きなキャラはリンだけど、どう考えてもリンもロザリオも普通じゃないのでどういう経緯で今の生活になったかがどう描かれるか。
f:id:arcright:20150427215909p:plain
後は主人公がこうなってしまった原因はなにか。そのシナリオで本作が語り継がれる名作になるかどうかが決まるだろう。
名作になることが目標としている鳥取を盛り上げることに一番近づくであろうから。

体験版中のシナリオでも描かれていたがレピドプテラ=ラテン語で蝶を意味する言葉なので、蝶はシナリオの鍵になりそうだ。

なお、製品版の価格はパッケージ版1,620円、ダウンロード版1,512円と大変安価だと思うので興味をもった方は是非。