読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSVita版聖剣伝説 RISE OF MANA 感想

PSVita Review

f:id:arcright:20150518215508j:plain
聖剣伝説」シリーズ最新作なのだが全くワクワクできなくなってしまったのは聖剣伝説4の影響なのだろうか。
以前iOS版をプレイした際に操作性に馴染めず物理コントローラのあるハードでやってみたいという感想を抱いたのでPSVitaへの移植は歓迎。

本作はシリーズ伝統のアクションRPGでダンジョン内の敵を倒しながらストーリーを進めていく。
基本的には街でイベントを発生させるとクエストが発生。
クエストを進行する際にダンジョンに入ることになるがその際にスタミナを消費する。
装備品やサポートキャラクター「魔ペット」をガチャで入手することができる。

よくあるF2P(基本無料、アイテム課金)タイトルとなっている。

対して進めていないので(進める気にならないので)後半改善する事項や既に改善されている内容だったら申し訳ないが、不満点がかなり多い。

  1. 処理落ちにより快適にゲームをプレイすることができない。
    • スピード感のある戦闘システムだしアクションRPGで処理落ちが頻発するのはかなりストレスが溜まる。
    • 戦闘時はエフェクトなどが多数発生するから多少しょうがないと許容はできても、街の中での行動でもいちいち処理落ちするのでストレスのみ溜まっていく。
      • イベントに必要ないモブキャラを出すのに処理落ちするくらいなら表示なんかしなくていい。
  2. ロード時間の長さ。
    • 上記の処理落ちに加えてストレスが溜まる要因になっている。
    • 装備品の選択や強化、ガチャなどメニューを遷移する機会が多くあるが全てにおいて決して短くないロード時間が必要。
  3. ガチャによるゲーム難易度への干渉
    • 当然ではあるが装備品がガチャで入手できるということは、いい武器を手に入れると攻略が楽になる。
    • 多くのF2Pタイトルはゲーム開始直後はガチャを引くための課金アイテムを入手する機会が多く、無課金の場合でもガチャを数回引くことが可能。
    • ガチャでいい装備が引ければ序盤は何も考えずに脳筋プレイをすればよくなってしまう。
    • たんなる数値比べではなくきちんとゲーム性のあるタイトルではあまり好ましくなく感じる。
    • そもそも全てがガチャで入手できるならダンジョンを探索する楽しみもないし。
  4. オート戦闘
    • そもそも戦闘が楽しければオート戦闘なんて利用しない。
    • オート戦闘が必要、便利となるのは戦闘がつまらないから。
    • 周回をする機会が多いF2Pタイトルでは作業感からの解放の為オート機能を用いているタイトルがあるが聖剣伝説がそれをやっちゃダメでしょ。
    • 戦闘をおもしろくする努力を捨ててるんだなという印象しか受けない。
      • 弱い装備でやって回避しないとやられるとかセルフ縛りでなんとかしろっていうのはあまり好きではないしおもしろいと感じないので無理。

PSVitaに参入してくれたタイトルは基本的に応援したいんだけどこれではできないな。