読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/27 ハービンジャー産駒「テオドール」東京5R新馬戦、「トーセンラーク」東京11R夏至Sに出走

Keiba

「テオドール」と「トーセンラーク」は追っかけている競走馬であり応援している競争馬です。

テオドール

初めて応援する新馬はこの馬になりました。
キッカケは大したことではないのですが競走馬の馬名です。
とある製薬会社が使用している薬名で聞き覚えがありデビュー前にこの名前の馬に出会えたという理由だけです。
改めて語るほどの理由でもないのですがそんなものなのかなあと思っています。

ちなみにJRAにて馬名の由来を確認すると人名とのことでした。主にドイツで用いられている名前のようです。


先日新馬戦をムチを入れずに快勝したリアルスティール全弟の「プロディガルサン」と同じ国枝厩舎所属で、どちらかと言うと「プロガルディサン」の方が期待されているみたいですが是非「テオドール」にも頑張って欲しいですね。

東京競馬場5R新馬戦。芝1800mにてデビュー戦を迎えます。初戦ももちろん楽しみですしこれからの活躍に期待しています。

トーセンラーク

トーセンラークを応援する切っ掛けになったのは、初めて東京競馬場に訪れて初めて馬券(単勝)を購入したレースでの勝ち馬がトーセンラークでした。
f:id:arcright:20150626051005j:plain

そのレース以降ほぼ全てのレースを見ています。
「アルテミスS」と「兵庫ジュニアグランプリ」の結果を残し獲得賞金を加算していた為、「桜花賞」「オークス」の出走を果たし結果は残念でしたが非常に興奮を覚えました。
「アルテミスS」はこのレース、後の「チューリップ賞」を制し実力馬になった「ココロノアイ」。後の桜花賞馬である「レッツゴードンキ」に次ぐ3着であったため力が全くないというわけではないでしょうし、「兵庫ジュニアグランプリ」で3着に入っているのでダート適正もそれなりにあるのでしょう。
東京競馬場11R「夏至S」は、3歳以上ダート1400mでトーセンラーク以外は全て古馬なので厳しい戦いにはなりそうですが3歳牝馬という負担体重の軽さを活かして頑張って欲しいです。
芝でのクラシック戦線で結果を残せなかったのでダート中心のローテーションになる可能性はありますが、是非とも「夏至S」でいい結果を残して交流重賞などで勝利をあげられる馬になってほしいし、そのレースを観戦しに行きたいところです。

もちろんこの馬達以外にも好きな馬がたくさんいるので毎週の競馬が楽しみですね。