読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地 クリア感想

PS3 Review

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(通常版)

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-(通常版)

余談だが、久しぶりに旧Playstation3ロゴ表記のタイトルをプレイすることになるな。
当然我が家のPS3も初期型60GBモデルなのでこのロゴが刻まれている。
f:id:arcright:20150707021631p:plain
ちなみに、

作品概要

本作はPCでリリースされた「Tears to Tiara」のリメイク作品で、
原作と比べキャラクターデザインに始まり数多くの変更がなされている。

システム

ADVパート+SLGパートで構成されているがADVパートについてシステム的には文句はほぼなし。
SLGパートについてはVer1.01で追加された「戦闘時の高速モード追加」によってかなり快適にプレイすることができた。
むしろ等倍が遅すぎたのでほぼゲーム開始時から最速に設定していたためこれがないと考えると恐ろしい。

SLGパートについては難易度を設定することができるが、
シナリオで行き詰まったらフリーバトルでレベルを上げることが可能なのでクリア自体はそんなに難しくない。
ただ、メインキャラだけ育てるよりは傭兵も育てたほうが戦力的には役に立つ。
というか傭兵がシステムの恩恵を受けていてかなり強力なので、よほど拘りがなければ傭兵を使用したほうがよい。

傭兵のメリットとしては、

  1. シナリオに応じてメインキャラは出撃できないステージがあるが傭兵はどのステージでも出撃可能。
  2. 転職を行うことにより複数職業のスキルを習得できレベルのリセットを行うことが可能。
    • 転職を行った場合レベルが1になり転職前の能力値を一定割合継承可能。
    • 再度レベル上げを行うことが可能になり装飾品トルクによるステータス底上げがしやすい。
      • トルクはLVUP時のステータス上昇率がUPする装飾品でと聞いただけでレベル上げをやり直せる強さがわかるだろう。

シナリオ

魔王が仲間になるRPGって大抵最後まで仲間にいなかったりするもんだけどアロウンは主人公だからそんなことなかったね。
(というか元々魔王でもなんでもないしな)
シナリオ途中でアロウンがもしかしてこれまでのは全て企みを実行するために動いているのでは?と勘ぐらせるようなシナリオがあったけどそういう伏線も大体すぐ回収しちゃうしね。タリエシンとの会話とか。

まずアルサルが小王になる時点までの盛り上がり方が良くてその後若干中だるみするが、
最後のタリエシンの原初の歌から始まる「ここは俺に任せて、お前らは先に行け」という死亡フラグを立てながらラストバトルへ進んでいく一連流れも良かった。
ラスティとスィールとかのもあからさまなフラグ建てだったけど喜ばしてから絶望に落とした時のアロウンの感情表現とかも良かったしね。
というか本作は基本的にわかりやすいというか先が読みやすいシナリオだと感じたが、
予想して設定したハードルは超えてくるので読んでいて楽しかった。
でも最後の展開は少々駆け足だったし過去回想で繋いでる感じがあったのでそこは少し残念かな?

ED前の♪は盛り上がったね。予想に反してエポナだったりするかな?とちょっと考えたけどタリエシンだった。

キャラクター

なんといってもアロウンがかっこ良すぎる。パッケージ見る限りではアルサルが主人公のように見えるが明らかにアロウンの為の物語だし。
ストーリー序盤の一夫多妻制的な展開では笑えたし、時折見せるかっこよさがまたこう...ね。よかった。
「わたし!魔王様のお嫁さんになります!」はうけるでしょ。
アロウン大好き状態だったのでアルサルによって負傷した際「これで戦線復帰しなかったらアルサル許さん!」という感じだった。

女性キャラクターだとこんな順番かなあ。
リムリス>オクタヴィア>リアンノン>その他

リムリスどう考えてもヒロインじゃないんだけど断トツかわいいでしょ。
この寝っ転がってるCGがベストだと思う。
外伝での活躍に期待しておく...(いるのかな?
f:id:arcright:20150707024703j:plain
オクタヴィアも良いキャラクターだと思うんだけどどうもイベントが少なかったのが残念。
イベントが合ったとしても大体モルガンとのイベントが多かったのでもっとアロウンとのイベントを見たかった。
オクタヴィアの愛情を受け止めたい...
EDのCGの顔がイイね。
f:id:arcright:20150707024747j:plain

オガム良いキャラだったね。オッサン枠だとガイウスも良いキャラだったんだけど長生きしなかったしな。

総評

ゲームシステム面で新しい物はなくて単調だったのかもしれないけどシナリオとキャラクターを含めた作品としての魅力でかなり面白い作品に仕上がっていたと思う。
ところで本作はADV+SLG第2弾タイトルのリメイクということで第1弾は何かというと「うたわれるもの」である。
実は「うたわれるもの」やっていないのでやらないとなあ。まずは「ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎」をプレイする予定!