読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャサリン クリア感想

PS3 Review

キャサリン ベストセレクション

キャサリン ベストセレクション

発売当時難しすぎてクリアできない。簡単になるパッチが配信されたという話を聞いてどのくらい難しいのか気になってはいたが、
パッチが配信されプレイした難易度はEASYだというのに相当難しかった。
遂には自力クリアを断念して攻略動画を参考にしつつなんとかクリアまでたどり着いた。

そこまでしてクリアしたかったのはストーリーがとても面白くて結末を見たくてしょうがなかったから。
また、攻略動画を見たからと言っても不確定要素が結構あって動画の通りに行かない場合も結構あった。
だからクリア出来た時の達成感は動画を見た上でもかなりあった。

アクション的な部分で不満だったのはレスポンスが悪かったこと。
コントローラ操作が早過ぎる場合キャラクターがついてこないので、タイムアタック要素があるのにそこは改善してほしかった。

ストーリーのワクワク感もそうだけど各キャスト陣。特に若本氏の魅力が存分に引き出されていて満足度高い。
キャラクターの中では、ジョニー(子安)が一番好きで次に金髪キャサリン(みゆきち)に次いでマスター(若本)が入る位好き。
ジョニーはかっこ良すぎ。エンディングによっては運命の人も判明するがそこもまたかっこ良すぎ。
ネタバレになるので具体的なセリフは伏せるが、最終日前夜のマスターとヴィンセントとの会話が面白すぎる。
合間に入るつぶやきシローみたいな機械ナレーションもいい味を出していた。

パッケージやキャッチコピーからも期待していたとおり、金髪キャサリンがかなりエロくて可愛かった。

アトラス作品の高難易度にはあまり耐性がなかったが癖になってしまう感覚が少し理解できた。
ぜひ機会があったらプレイしてもらいたいが初見攻略で心折れたら、攻略を参考にするとかしてなんとかクリアまでは行ってほしいね。