読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS3版水月 弐 プラチナトロフィー取得感想

PS3 Review

水月 弐 (通常版)

水月 弐 (通常版)

はじめに

攻略するにあたって下記サイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

攻略通りに行かなかったところが1点だけ。
小野寺先輩のトゥルーエンド(これからずっと…)の際、最後の選択肢を変えるのみで変わるようでしたが「もう一度誘う」を選択してもトゥルーエンドに行くことができず、ひとつ前の選択肢を「どっちもどっちだ」ではなく「小野寺先輩が原因だ」を選んでから「もう一度誘う」を選択することでトゥルーエンドに行けました。

自分だけかもしれないけど一応そういうことがありました。

作品について

水月弐はPS3版で発売されて後にPSPに移植。その後PCに逆輸入されR18作品として販売されています。
PSP移植の際に和ヒロイン昇格及び咲姫のトゥルーエンド追加があったようです。

つまりPS3版では和は攻略対象キャラではないです。咲姫についても物語の核を担ってる割にはエンディングには恵まれていません。

ちなみに前作は未プレイ。かなり知名度のある作品だという認識ですがどこかでプレイできるとよいですね。

感想

大したことじゃないんですが、OPテーマがアニメ版ひぐらし1期のOPにめちゃ似てません?今にも島みやえい子が歌い出しそうなところにしもつきんのボーカルが飛んでくるのでちょっと違和感感じてます。
曲自体は好きですけどね。

シナリオ

シナリオに関しては(かなり)小さな風呂敷だったけど綺麗にたためたんじゃないかなと思います。
伏線というか答えを示唆する事が多く、展開の予想も容易でびっくりするような展開はなかったです。
(例えば天羽姉妹は少なくとも現代人ではないんだな。ということが一瞬でわかるしとなるとまあ神的な奴なんだろうね。とか、咲姫と小野寺先輩が悪役なのね。とか)
個人的には小野寺先輩(以下麻巳)が可愛すぎるが、シナリオ上の役どころがあまりいい位置にいなそうだったのがずっと不安でした。が、結果としていいとこどりな感じになってくれて個人的には嬉しいですね。

強いて言えば部長と桃子の話が欲しかったですね。桃子が開眼したら超強いとか、付き合ってるには深い理由があったりとか。

キャラクター

攻略順は日向>小宵>咲姫>麻巳。キャスト豪華ですね。
七葉という金髪ツインテールCV:水橋かおりのキャラがいるんですがどう見てもグリザイアのみちるでした。

七葉がヒロインでほのぼの日常を過ごすようなルートがあってもよかったなあ。と思います。かわいそうな役どころですしね。

先にPS3版は和(以下わーちゃん)のルートがないというのは書きましたが、どう考えても攻略対象な立ち位置なんですよ。
f:id:arcright:20151201135900j:plain
義妹なのにルートないとかどういうこと?って感じですね。あ、姉ちゃんはいいです。
(日常エンドとはいえ)ちさとルートでさえあるのに、わーちゃんルートないのはなあ。
f:id:arcright:20151201135814j:plain

第一印象というか一目惚れ状態で麻巳が圧倒的に好きになってしまったので、日向ルート終わって物語の全容がわかった時に麻巳ルートがどうなるかだけが気がかりでした。
f:id:arcright:20151201140248j:plain
麻巳の戦法は基本こんな感じで、いつもかわいいわけじゃないのに(いやかわいいし綺麗だけど)たまにすごくかわいいからギャップ?にトドメを刺されてしまう感じ。
ノースリーブもセクシーと言うよりはたくましい感じがするんですよね。

シナリオの展開にも恵まれてて一番かっこいいタイミングで弓道が活きてくるしエンディングもよかったですし。
まじ最高に可愛かったので麻巳ともっと長く過ごしたいですね。
シナリオの最中に麻巳が、もう一緒にはいられない(迷惑かけたから)みたいなこと言ってたけどそれだけはやめてくれ!たのむ!と祈ってました。
f:id:arcright:20151201141140j:plain
可愛すぎる。

まとめ

麻巳を見れたので良かったですね。前作のネームバリューがでかいので制作陣も大変だったと思いますし先にも書きましたが小さい風呂敷だったけど無事たためてよかった。というところでしょうか。