読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSNowレンタルサービス終了

「PlayStation™Now」(PS Now)レンタルサービス終了のお知らせ | プレイステーション® オフィシャルサイト

2月にはPSVitaでのサービス終了が発表され、3月にはPCでのプレイも可能になった動きの多いPSNowで新たにレンタルサービスが終了するというお知らせが。
一部のデバイスにおける「PlayStation™Now」(PS Now)サービス終了のお知らせ | プレイステーション® オフィシャルサイト
3月21日より「PlayStation™Now for PC」開始! 新規13タイトル追加で配信数200タイトルを突破! | PlayStation.Blog

現在年末年始にセールで購入したPSNow 定額サービス 3ヶ月利用権が期限間近なので慌ててやり残していたスライクーパーコレクションをプレイしているところなのでPSNowについて少し書いてみる。

PSNowの利用は無料体験も含めると2回目。どちらも定額サービスのみ利用。
PSNowについてサービス自体はとても良いサービスだと感じているし、PS4にて利用している限りでは不便なところも特に無い。
不満はどうしてもタイトルのラインナップにつきる。

まず、定額制のタイトルについてPS Plusに加入している身からすると、過去フリープレイで配信されたタイトルが数多く並んでいる為それらはプレイしたいタイトルからは除外される。
PS3を起動する機会はなるべく減らしていきたいのだがやりたいゲームが存在する以上それはできないし、フリープレイで配信済みということは期限なく無料でプレイすることができるのでわざわざPSNowでプレイする利点がとても少ない。
今回はかろうじてプレイしていないタイトルが幾つか存在し、セール価格が魅力的だったので利用しているにすぎない。
定額制タイトルの充実を望んでいる。

それで、今回サービス終了が発表されレンタルサービスについて。
まず、自分が思うレンタルサービスを利用するユーザってPS4のみ所持しているけどPS3のタイトルをプレイしたいというのが大部分だと思う。
定額サービスとレンタルサービスでは対応タイトルが違っているのだが、そういったユーザがプレイしたいと思うであろうタイトルはレンタルサービスに多く存在している状態だったと個人的には思っている。
定額サービス対応タイトルはレンタルサービスで提供されているタイトルよりも魅力度は劣っている。と思う。
個人的な想像ばかりで申し訳ないが、そういったユーザ達は毎日長時間ゲームをプレイすることが少ない層だと想像していて結果的にゲームクリアまでにかかる日数は自分などと比べると日数がかかる。(例えば土日のみプレイするユーザや、毎日1時間だけプレイするユーザなど)
そうなるとレンタルサービスにかかる料金が上がるので手を出しにくいのかなと。
ましてや、PS3を入手すれば中古市場で安く入手できることを考えてもどうも躊躇してしまう。
そこまでしたくない人向けのサービスのはずなのに、結果的にはより多く料金がかかってしまうのが流行らなかった理由ではないだろうか。

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]