シャイニング・レゾナンス 本編クリア 感想/レビュー

シャイニング・レゾナンス(通常版) - PS3

シャイニング・レゾナンス(通常版) - PS3

PS4リマスター版「シャイニング・レゾナンス リフレイン」発売予定。
全DLC同梱及び、エクセラ、ジーナスが仲間になる新モード搭載ということでこれからプレイする場合にはこちらをオススメ。
シャイニング・レゾナンス リフレイン - PS4

シャイニング・レゾナンス リフレイン - PS4

煌龍を宿した主人公ユーマと竜奏騎士(ドラグナー)と呼ばれる龍を操る者たちの話。

戦闘関連

戦闘はシンボルエンカウント方式で、敵シンボルに接触すると戦闘が発生。
戦闘中は自由に移動できAPが許す限り自由に攻撃可能。テイルズオブシリーズの戦闘に近いかも。
ユーマに限り煌龍の姿に変身することができMPがなくなるまで行動可能。この龍形態がかなり強力。

難易度カジュアルでプレイしていたが、敵に苦戦することも多くレベル上げをしなければならない部分があったので、難易度を上げると更にきつい箇所が出てくるんじゃないだろうか。
女の子ばっかり育てていると強制イベントでアグナム、レスティを使わなければならなくなった時にきつすぎるので満遍なく育てることをオススメ。

B.A.N.Dというドラグナーが歌を奏でて味方を強化するシステムがあり、センターを誰にするかで多少効果が変わる。
リンネをセンターにした際の「日輪の煌き」が強すぎてバランスブレイカー。
効果時間中必ず状態異常にすることができるので状態異常耐性がない敵ならハメ倒せる。クリア後の強敵にも効く。
これのお陰で倒せた敵が結構いたのでPS4版でバランス調整とかされてると悲しい。

戦闘敗北した場合はリトライチケット(課金アイテム)を使わないとロードするしかないのでこまめにセーブしなければならないのが、現代としてはちょっとね。
古き良きRPG的な良さはあるのかもしれないけどね...

レベル上げ

基本的には、グリモワールというダンジョン生成できるシステムで延々と卵(経験値の高い卵のモンスター)を狩る。
これより効率の良いレベル上げが(おそらく)無く終盤はかなり退屈。

キャラクター

シャイニングシリーズではお馴染みの豪華声優陣+Tony絵なので個人的にはかなり好き。
最終的にはソニア>>>キリカ>(エクセラ)>アグナム>リンナ>マリオン>レスティという感じか。男も混ざってるって?
物語序盤はキリカが煌龍様にゾッコンなのでヒロイン力がかなり低いが、ソニアに触発されてどんどんデレてくる。

それでもやっぱりソニアが一番でしょ。
f:id:arcright:20180204005228p:plain

個別エンディングが用意されているんだけど、分岐セーブとか用意する必要なく全員分見やすい仕様なのは良かった(クリア後またボスを倒すだけ)
リンナも結構よかったんだよ。ベアトリスの話の件とか色々あったし。いい表情するし。
f:id:arcright:20180204005436p:plain
衣装もスケベすぎるし!
f:id:arcright:20180204005522p:plain
でも、アグナムの方がかっこ良くて好きなんだよ!

エクセラ様は奈々様だしとてもいいキャラだったので、PS4版で使えるようになるというのは販促効果あるかも。
だけど、本編中では使えなくてリフレインモード限定みたいなのがどうなるやら。

まとめ

ここがとてもすごい!みたいな点は無いけどよくできたJPRG。