読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSVita版M3~ソノ黒キ鋼~ 感想/レビュー

PSVita Review

M3~ソノ黒キ鋼~///MISSION MEMENTO MORI

M3~ソノ黒キ鋼~///MISSION MEMENTO MORI

原作アニメ未視聴。大雑把に言ってしまうと「蒼穹のファフナー」のような雰囲気を持つロボット物作品という印象。

シナリオは章構成で全8章+エピローグ。
アドベンチャーパートとバトルパートで構成されていて、まずアドベンチャーパートで進行して章の最後にバトルパートという感じ。

まず、バトルパートについては没入感を高めるという意味で効果はあるかもしれないが、基本的には作業ゲーで面白く無いしどうやらシナリオ分岐のフラグにもなっているようなので正直辛い。
f:id:arcright:20160528015425j:plain
欠点は攻撃時に挿入されるカットインと指示の有効時間の短さ。
戦闘システムはRTSなので攻撃の指示をする必要があるのだが、指示が5秒間しか効力がないので5秒経過すると再度指示を求められる。
全ユニットに対して5秒ごとに指示をしなければならないので作戦時間が5分などでも数多く指示をする必要がある。
そして攻撃を行う際には必ずカットインが挿入されるのでさらにテンポが悪い。

さらに敵のイマシメ、躯を倒すにはHPを10%まで削ってからコアを破壊しないといけないのでそれなりの攻撃回数が必要と。

f:id:arcright:20160527101016j:plain
機体はヴェスとマヴェス(死神)しか出てこないが機体デザインはかっこいいと思う。
戦闘時のカットインで動くところが一応見れるけど機体のアクションはアニメで見たほうが楽しそうである。


シナリオは各メンバーの視点毎に進んでいくので場面がころころ変わるのであまりのめり込むことができなかった。
ある程度シナリオが頭に入った状態で別視点を見れたほうが面白いと思うので原作ファン向けか。
シナリオの中身については本当に救いがない感じでやばいね。
強力な機体の制御ユニットに戦友を利用しなければいけないシステムが辛いし、そもそも立ち向かっている敵が自分たちが生み出したものだったとか辛過ぎない?
ヘイトとマアムがちょっと変人過ぎて怖かった。

8章構成とはいっても1章のボリュームはそれほどないので全体のボリュームは少ない。
ノベルゲームとしてのクオリティを上げるか、バトルパートのクオリティを上げるかしてどちらかに特化してもらいたかった。

【パズドラ】極限デビルラッシュ 超絶地獄級 マシンゼウス 周回用 マルチ

パズドラ


パーティ詳細

  • プレイヤーA(部屋を立てる ホスト)
    • L マシンゼウス
    • S 超究極ラファエル (SLv MAX)
    • S イルム (SLv MAX)
    • S ポルックス (SLv 1)
    • S 究極ヴァルキリー (SLv MAX)
  • プレイヤーB(部屋に入る)
    • L マシンゼウス
    • S 光メタトロン (完治の光継承)
    • S 超究極バアル (SLv MAX)
    • S シェザル (SLv 1)
    • S 究極アヴァロン (SLv MAX)

マシンゼウスのスキルは使用しないのでスキル上げ必要なし。必須は先制ダメージ対策のダメージ無効と毒の海対策。

ダンジョン詳細

  • 1F
    • イルムを使用して1列組んで突破
  • 2F
    • ケロベロス以外の場合は必ず完治使用。光が足りない場合はバアルを使用して突破
  • 3F
    • ラファエル+ヴァルで花火
  • 4F
    • シェザル使用で1列組んで突破
  • 5F
    • ポルックスで花火
  • 6F
    • アヴァロンを使用して2列組んでクリア
    • 2列なくても1列と2wayとかで倒せるかもしれない。正確に調べてない。

自分のボックスでできる構成というだけなので最適なのはもっと別にあるしサブも入れ替え可能。

日本ダービー(東京優駿) 2016 予想 狙いはプロディガルサン!

Keiba

今年の牡馬クラシック戦線はレベルが高い。
そう耳にする事も多かった2016年競馬も今週ついに日本ダービーを迎える。

クラシック初戦皐月賞の結果が出るまでは3強と囁かれていた。
3戦無敗で弥生賞を優勝。父ディープインパクトと同じローテーションで挑むマカヒキ
昨年の朝日杯FSを制し最優秀2歳牡馬に輝き、弥生賞でも2着に入ったリオンディーズ
圧巻のパフォーマンスで3戦無敗。きさらぎ賞から皐月賞に直行したサトノダイヤモンド

しかし、3強を下し皐月賞馬になったのは共同通信杯優勝馬ディーマジェスティだった。

牡馬クラシック2戦。最高の名誉を掛けた日本ダービー。
鞍上の蛯名騎手は24度目の挑戦にして初の日本ダービー制覇がかかるこのレースについて考えたい。

☆プロディガルサン

まず、初めに応援している馬が日本ダービー出走するということで購入する馬券はプロディガルサン中心になると思う。
リアルスティール全弟であることからも予想できることだが、POGでもかなり指名されていた期待馬。
昨年テオドールという馬を応援すると決めた際に同厩舎(国枝栄厩舎)には他にも期待馬がいるということを知る。
メディアによっては銀河系軍団として称されるほど豪華な馬がそろっていたようだがその中でリアルスティール全弟のプロディガルサン。ルージュバック半弟のケイブルグラム。そしてテオドールの計3頭を来年クラシックを目指して応援していこうと決めた3頭だった。

なお、テオドールについては前走で未勝利戦を脱出。ケイブルグラムは芝では結果が出なかったが先週のレースでダートに転向して見事勝利。春のクラシックには参戦できなかったが引き続き応援していきたい。

さてそれではプロディガルサンについて。
新馬戦、芙蓉Sと連勝し迎えた東スポ2歳S。
結果は2着。優勝馬は東スポS以降にも毎日杯、京都新聞杯を優勝し日本ダービーへの出走も予定されているスマートオーディン
相手が強いことはもちろんなのだがレースを振り返ってみると直線で前にはロスカボス、外にはダイワリアクションに塞がれてしまいなんとか進路を確保するために戸崎騎手が外に持ち出すまでに結構ロスしてからも伸びている。

その後は故障もあって長い休養に入ったあと前走日本ダービートライアル青葉賞。
マイネルハニーが引っ張ったレースで好位につけたので少々脚を使ってしまったのかもしれないが、伸び始めたところで前方にロスカボスがいたため少々ロスしなければもう少しいい結果だったかも。
あとは周りの馬を気にする癖のような物があり他の馬に影響されて自分の走りができなかったような感じがあるのがマイナス点。

賞金的にダービー出走厳しいかと感じていたがなんとか出走はできるようで、鞍上は戸崎騎手はスマートオーディンに騎乗するため田辺騎手。
田辺騎手は個人的に好きな騎手なのでそれも嬉しいし、どこか波乱を起こしてくれる気がする騎手なのでより期待。

▲ヴァンキッシュラン

この馬は未勝利で惜しいレースをしている時に知った馬でそれ以降応援していた。
青葉賞はプロディガルサン、レーヴァテイン、ヴァンキッシュランを応援している状態だったのでその3頭の力関係はある程度見えたようなレースだった。
青葉賞の時点では確かにヴァンキッシュランが一番強かったと思うので印は重めに。
もちろん皐月賞組が強いのはもちろんなのだが2400でしっかり結果を残してきたのは評価したい。
あとは青葉賞馬のジンクスを打ち破れるか...

他の印も含めてまとめ。プロディガルサン以外はあくまでも現時点の印なので変わる可能性あり。

  • マカヒキ
  • サトノダイヤモンド
  • ヴァンキッシュラン
  • ディーマジェスティ
  • リオンディーズ
  • プロディガルサン
  • マウントロブソン

印は重くつけていないけど蛯名騎手には本当にダービー勝ってほしい。応援してるよ。