Androidエミュレータからlocalhostにアクセスする

最後にAndroidのエミュレータを触っていたのはこの辺りなのでもう大分昔のこと。

Androidの開発環境も様変わりしているので備忘録としてエミュレータ起動する方法と、起動した後localhostにアクセスする方法。

構築する環境はMac OS X Mojave。

Androidエミュレータ

  1. Android Studioをダウンロード
  2. Applicationsにコピー
    • f:id:arcright:20190606010628p:plain
  3. Android Studioを起動
    • 起動すると初期設定をいくつか行いコンポーネントのダウンロードが始まる
    • Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)の部分でMacのセキュリティに引っかかり先に進まなくなる
    • f:id:arcright:20190606011139p:plain
    • 許可しても終わる気配がないのでCancelして、起動し直すと普通に起動
    • Tools>SDK Maneger>SDK ToolsでHAXM installerがinstalledになっているので大丈夫か?
  4. Tools>AVD Maneger
    • f:id:arcright:20190606011359p:plain
    • Virtual Deviceを作成する
    • f:id:arcright:20190606011459p:plain
    • Pixel 2にした
  5. Android OSを選択してダウンロード
    • f:id:arcright:20190606011548p:plain
    • ダウンロード完了すると起動できるようになる

localhostにアクセスする

手元にあるHTMLファイルをエミュレータ上から見たかったのでlocalhostにアクセスするも繋がらず。

詳細は上記ページに記載があるがエミュレータを起動しているマシン自体は10.0.2.2に割り当てられているのでIP指定してアクセスすると接続できた。

BRIKS 2 プラチナトロフィー 取得

f:id:arcright:20190506231325j:plain
少し前からPS StoreでPS4向けに販売されているアバターで見覚えのないアニメ絵のキャラクターがいて、調べてみるとこのBRIKS 2というゲームのアバターだったのでずっと気になっていたのだが、PayPalクーポンが残っていたこともあり購入してみた。

よくあるブロック崩しゲームだと思うが、令和になってPS4でブロック崩し...という思いも多少ある。

ブロック崩しの背景にあるイラストがアバターで販売されているキャラであることがわかった。
アニメ絵に限った話ではなく色々な背景もあった。そしてこの背景達は動く。
f:id:arcright:20190506192128j:plain

ブロックの種類

f:id:arcright:20190506231350j:plain
BRICKなのでレンガなのだがブロックと呼ばせてもらう。
特筆すべきはメタルブロックでボールでは壊せないブロックとある。
このブロックは壊すことができないのか?いやいや普通のボールならね。

パワーアップの種類

f:id:arcright:20190506231359j:plain
この中でブロックを貫通するファイアボール、ブロックを破壊できるレーザーは前述のメタルブロックも破壊可能。
なのでステージ構成にかかわらずファイアボール、レーザーさえ取得できれば破壊し放題になる。
パワーアップアイテムの出現は恐らくランダムなので極端な話パワーアップアイテムのリセマラすればクリアは容易。


トロフィー

ステージクリアすると獲得できるトロフィーとプレイ中に条件を達成すると獲得できるトロフィーがある。
プレイ中意識していれば難なくとれるトロフィーがほとんどなので難易度は高くない。

意識しておいたほうがいいのは下記

Triple fireball collected

複数取得すると効果がパワーアップするファイアボールを同時に3つ取得すると獲得できる。
アイテムの出現はランダムだと思うのでアイテムが多いステージで獲得を目指すと良い。

Slow and steady

スローパワーアップ中にブロックを10壊すと獲得。

No power ups collected

パワーアップアイテムを取得しないでステージをクリア。

また、BRIKS 2のステージ数は全部で195。
f:id:arcright:20190506230328j:plain

113ステージがボスステージでクリアすると前作BRIKSがアンロック。
f:id:arcright:20190506230338j:plain
f:id:arcright:20190506174232j:plain

なんと、BRIKSもトロフィー条件対象なので195+50ステージクリアが必要となる。

感想

頭を使わず気軽にできるゲームが少し欲しかったので気分転換にはなった。
背景イラストが目玉だと思うのだがギャラリーモードが見当たらないような?

リトルドラゴンズカフェ ひみつの竜とふしぎな島 本編クリア 感想/レビュー

f:id:arcright:20190430235005j:plain

『牧場物語』生みの親が送るオリジナル完全新作!

このキャッチコピーがかなり悪さをしているような気もするが、気楽にでき個人的には結構好みだった。

良い点

  • キャラクターデザインかわいい
    • メカじじいだけはよくわからんけど
  • ストーリー進行が必要になるがドラゴンでの移動は解放感があり良い。
  • 評判が(恐らく)下がることがない
    • 特に後半は明らかにキャパシティを超える訪問客が来るので失敗で下がっていたら大変だった
  • 畑、生簀で入手できるアイテム仕様
    • 一度入手したアイテムが近くで採取できるようになるのはいいご褒美
  • 「ものがたり」で次に何をすればいいか具体的に書いてある
    • 中断したときにもすぐ思い出せる

悪い点

  • 食材収穫に楽しみがない
    • 牧場物語をキャッチコピーに入れてるのに...
  • イベントの発生条件に翌日以降が多い
    • どう考えても連続イベントなのに次のイベントを見るには寝なければいけない
    • AM06:00に起きてAM06:10に寝るなんてことも珍しくない
  • フィールドでの操作性。特に段差を飛び越えるときのジャンプはストレス
  • カフェに入ったときのロード時間
    • 着替え中というローディング画面の表示は頭いいなとは思ったが...
  • カフェ内のキャラクターの干渉
    • f:id:arcright:20190430195241j:plain
  • ワールドマップをゲーム内で手軽に確認させてほしい
  • ドラゴンの糞の入手が2Fでできなくなる
    • なんか4Fから2Fにパイプかなんか通せばできたでしょ...
  • 鳥が元の場所に戻る
    • ストーリー進行の関係で何度も寝るのですぐいなくなる...

書き出すと悪いところばかりになるのはしょうがない。実際細かい所は結構粗が目立っていたので。

そもそも、店の評判の仕様さえわかればあまり頑張らなくても良いことがわかってしまうので
悪い点にあまり触れずにゲームを進めることができてしまうから気持ちよくプレイできたのかもしれない...
出来るだけ早くドラゴンを成長させることが成功の鍵!もうちょっと速く最終形態になればもっとよかった。

確かに農作物の収穫できるし、家畜を飼育できるし、釣りもできるけど牧場物語を期待しないように...

リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島- - PS4

リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島- - PS4

ジャストコーズ2〜4 クリア 感想/レビュー

ジャストコーズ4【CEROレーティング「Z」】 - PS4

ジャストコーズ4【CEROレーティング「Z」】 - PS4

シリーズ未経験だったのでとりあえずジャストコーズ2をプレイしてみたら面白すぎて4まで一気にやってしまった。
このシリーズはとにかくグラップリングフックとパラシュートでの移動が楽しすぎることに尽きる。
それに加えてウィングスーツも合わされば最早乗り物は必要ないまである。

ジャストコーズ2はシリーズ初プレイだったので比較はできないが、
ジャストコーズ3はジャストコーズ2の延長線上に位置してる正当進化系。
ジャストコーズ4は少し寄り道してるかな?

オープンワールドの醍醐味で好きなところから攻められることを存分に堪能させてくれたのが2と3。
とにかくカオスオブジェクトを破壊して拠点を制圧する行為がとてつもなく楽しかった。
2はカオスオブジェクトの位置がわかりにくい場面もあったけど、3ではマップに映るようになったのでGJ。
2をやってる頃はそもそも建物とか全部壊れれば迷う必要ないとか考えてたんだけどね。

こういった具合に細かい部分で2で不満があった所の多くは3で解消された。
例えばファストトラベルする際に2だといちいちヘリを呼ぶ必要があったのでロード時間待ちとか発生してたが3ではすぐできる。
その変わりビーコンが必要になってしまったが...
良くも悪くもシンプルに破壊を楽しめた。

それを期待して4を買ったので少々期待外れ感が強かった。
4はカオスオブジェクトを壊すとゲージが増加して、ゲージが貯まるとカオスアーミー部隊が+1される。
4ではエリア制圧のシステムが変わり必要な部隊数を集めて進軍させれば拠点を獲得することができる。
部隊はカオスオブジェクトを破壊する以外にもミッションをこなせば手に入るし、最終的に余ったのでカオスオブジェクトを破壊する重要度がかなり下がっているように感じた。
これはカオスを楽しみとしていた自分からするとがっかりだった。

そして、今までシンプルで使い勝手の良かったグラップリングフックや補給物資に拡張要素が新たに追加された。
使いこなさないとゲーム進行に影響がある理由ではないがメニューを開いてさあカスタマイズしてください。と言われてもなあ。
4では様々な要素が追加されたが基本的に上記と同じスタンスでなくてもクリアはできる。
ただ武器の携帯に関しては2,3と同じ形式のほうが良かった。明らかに弾数切れの機会が多くなった為。

ストーリーは割といつも同じ展開なので安定。
ジャストコーズ4の終わり方からして続きがあるのは明らかなので、それが5なのか別の形なのか...

何にしろグラップリングフックとパラシュートでの移動は癖になってやめられないので一度経験してみると良い。

オカルティック・ナイン プラチナトロフィー取得 感想/レビュー

上記の追加パッチが出てからプレイしようと思っていたが続報もない様子だったのでプレイした。
率直に言ってしまうとこれがもしプロローグだったら最高だったなあと。舞台は整った!感じで終わる。
千代丸氏も肝心の「その後」と言っているように本当に見たいのはこの後の展開なんだよなあ。

一応各ヒロインの√があるが、ほぼほぼ同じ内容でこれぞノーマルエンドという感じのあまり救いの無い終わり方をする。
最後はヒロインとガモタンだけが蘇生して二人で過ごすエピローグが少し流れるだけ。
みゅうぽむも亞里亞も桐子さんもみんなそう。そしてちいちゃんはいつも...

みゅうぽむの「クズニートでもおっけーです」は好き。

メディアミックス作品なので他のメディアで欠けてるところちゃんと描かれているのなら少しは救われるのだが...
また触れる機会が来るまでに完結していることを望む。

OCCULTIC;NINE - PS4

OCCULTIC;NINE - PS4