読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暁のアマネカと蒼い巨神感想

Xbox360 Game Review

……フッ、当たり前だ。私は天才だからな。

総評としてはみんなに叩かれまくってるわりには悪くなかったと思ったしむしろ結構よかったんじゃないかな。もちろん欠点はあるけど。


ADVパートといわゆるRTSみたいな感じで進めていくモードの2つになっている。
ADVパートで次の目的地やらストーリーやらイベントやらが行われるんだけど
特に目的地はメモ必須。ADVパートが終わると一切ヒントがなく記憶を頼りにするしかないときが多い。


新しいダンジョンを探索移動で発見するときは確実に情報収集でわかるのだけど
単に発見済みのダンジョンに行く時は情報収集にでないからADVでいわれたことメモするしかない。
ゲームの止め時はちょっと考えたほうがよくて次どこいくかわかるようにしてからやめたほうがよい。


RTSモード。まずフィールド移動に関しては主に敵に迷宮を先に攻略されてしまうことを
さけるというところがゲーム性の1つとあとは制限時間(ターン)があるところがあるので
そういう時に真価を発揮するけど、普段は移動がだるくてだるくて


ダンジョン内部での戦闘も、指揮できる範囲がすごい狭い(3人)なRTSという感じ。
ダンジョンは基本同じところに何度も行くのに加えてシンボルの配置も変わらないので
はっきり言うと退屈。
SLGにしてくれたほうがうれしかったかなというのが本音かな。まあでもいうほど悪くない。
細かい操作性突っ込んでるとキリがないくらいに突っ込みどころはあると思うけど
別に糾弾するほどのことではないしまあ受け入れられるレベル。


あと1つ言いたいのは。秘宝の申請が帝国文化局でできるんだけど
だれも売却することが申請って気づかないとおもうぞ!!!!!!!!!!


シナリオは普通によかった。回収されてない伏線と安易な名前付けとも思えるものがちょっと気になった。
伏線はアマネカについて。最後の最終決戦で実はアマネカは!っていうので全部回収したって感じなのかなあ。兄貴(違)からの話でも埋まらないところあるしなあ。

いや、ファイアフォックスについてとか、テンザンについて。グリーペンについてとかアマネカ周辺にもっと伏線転がっていた気がするんだけどなあ。回収されているとは思えん。完全記憶能力とかも
アマネカがいつもふざけた(失礼)態度でいるけど、すぐ泣いちゃうところとかそういうのちょっとよかったです。
こつえーの絵は安定。


ロボットではバックファイアが圧倒的にかっこよかったなあ。なんかACっぽい。重量多脚
キャラクターではカル・ルスラン。みのりんが中の人なんだけどいやあキャラもよかったしいいね。
一時的に仲間になるだけで終わると思ったら正式加入とかうれしい。


たぶん地雷覚悟でプレイしたからなのかもしれないけど思ったほど悪くない。
シナリオボリュームが結構多くて使い回しのダンジョン何回も行ってるとだれるかもね。
大体ワゴン価格で投げられていると思うのでまあ触ってみるといいね。