読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WHITE ALBUM2-幸せの向こう側- coda 小木曽雪菜ルート 感想

PS3 Review

今度こそ完全再結成だ。……峰城大付属軽音楽同好会の

「introductory chapopter」の2周目と同じように「coda」2周目も追加シーンがあり全てかずさ関連の物でより辛みが増す。
些細な演出追加なんだけど、なくてももう俺の中で物語成立してるのに更に上に載せてくるから採点しようがない感じ。
読者は納得してるのに作者はより高みへ挑んでいる感じがすごく感じられた部分かな。


雪菜が春希に求めていたものって5年前。つまり付属高校時代の春希の誠実さだったんじゃないかな。
春希を許す許さないなんていう次元はもうとっくに超えててさなんなんだろうよくわからない領域。
大阪出張の時もそうだし、かずさと話をしにいくときもそう。いつもそう。辛い役割。
ただ雪菜は強かった。本来主人公がやるべき部分だろっていうところ全て受け止めて一番辛い立場なのに。
かずさと対峙時てる時の雪菜は、初めてかずさと行ったハンバーガーショップやりとりを思い出させる。素の小木曽雪菜が久しぶりに見れた感じ。

かずさと雪菜を向き合わせる為だけに、冬馬曜子にあの役割を与えてるのであれば恐れいったわ。
春希に深夜電話掛かってきてあんなこといわれたらそりゃ衝撃というかショックというか部外者の俺でも衝撃的すぎる。
2周目追加シーンでの列車の中での話も伏線として機能させるためにわざわざ追加したんだろうなあ。
それに加えて春希の発言に重さを増す効果もね。どうしてこういうことになっちゃうんだろう。


四面楚歌で解決の糸口が全く見えず、展開が読めなかったが本当にハッピーエンドになってよかった。
序盤からずっと泣いててもう俺だめだなと思った。峰城大付属軽音楽同好会再結成してからは本当にずっと幸せな時間だったし最高だった。


雪菜√とはいうもののほとんどかずさと過ごしていてかずさのピアノが沢山聞けてよい。
ピアノ聞いてて気持ちいい感覚に陥るのはこれが初めてかもしれん。「closing chapter」ではほとんどなかったから待ち遠しかった。


あと「WHITE ALBUM2」は季節は冬なのだが特に2月14日バレンタインデーの日の特別感がすごいのでこの時期にやるとなんかよい感じで進めることができた。

武也の事書き忘れてた。武也と依緒は雪菜の幸せにする対象に入ってないのか。それとももう幸せなのか。過去の話あんまり触れられてない気がするからもっと話してほしい。

残るは冬馬かずさ√のみ。追加シナリオも結構ボリュームあるらしいのでもうしばらくはWA2に浸れるかな。